日々の人狼についての記録

日々の人狼について記録してます。プレイ自体はへっぽこです。

「人狼夏休みスペシャル!!第1部~ゆるめ村~」 の感想

人狼最大トーナメントのゆるめ村がどんな感じになるのか見る前から楽しみで普段からスリアロ村のチャンネル登録している自分にとってベイビーウルフも気になるし、芝尾さんこともやしも気になっていた。初めて人狼するのを見る方もどんな方なんだろうと思いながら観戦しました。

昼のゆるめ村は二戦、どんな戦いになるのか・・・。

 

最初の試合、ゆるめ村の名とは裏腹にたくさんのポイントがあった気がします。

まず最初のポイントはみずきちこと大條さんが自身の投票で自分自身を処刑から逸らそうとします。まあ自身が騎士だったからなわけですが、その行動がほかの人たちにどう見えたのか。誰かを殺したいというよりは生き残ろうとする行動。だからズズに投票して生き残ろうとする。さららさんも狼として生き残ろうとするのは当然なんだけど、コメントに何回もあがっていたけどなな湖に投票すると強かったかもって思いました。しかし無難にみずきちに投票。そして決選投票でさららさんは票先を変えズズに投票でズズを処刑する。みずきちの一連の行動はどうだったんだろう。きっといろいろな意見があると思うし、たぶん正確な答えなんて出ないと思う。だけど結果として生き残った。それが大事だと思った。

みずきちとさららさんの生き残ろうとする投票がその後の結果として明暗を分けた気がします。

二日目からのあゆみさんが本当に鋭いなと正直思った。あゆみさんはみずきちの騎士は気がついてたのだろうか。すごく気になります。信じてた占い師のメイアンさんからの白が出ていたということも大きかったかもしれません。そして質問タイムでもやしから疑っている人を聞かれたとき狼のなな湖さんとさららさんを挙げたこともすごかった。

そしてそれを見たなな湖さんは、まいまいからの質問で、すかさずさららさんを身内切り。この村はゆるめ村ではなかったのか。笑。なな湖さんのこのすかさずの身内切りもすごいなって思った。

さららさんは身内を切るタイミングはあったと思うがスナパイさんから質問を受けて一票入っているなな湖さんに投票するってなかなか難しいのかもしれない。しかしあそこでなな湖さんに投票できればもう少しもつれた展開になったのではないでしょうか。

スナパイとさららさんは質問の内容からラインが切れてて、さららさんとみずきちもラインが切れている。そしてさららさんはまいまいに投票してラインが切れたわけで残りはなな湖さんになってしまった。

さららさんがなな湖さんとのラインをどこかで切っていればもう少しもつれた展開になったのでは、と思いました。しかしそれにしてもあゆみが鋭かった。

 

二戦目。

初日の議論の中で霊媒師をどうするかの話しになったとき、みずきちがものすごく霊媒師透けしていてはらはらして見ていました。笑。「どうしますか?」とか質問するとそれって霊媒師の質問にしか見えなくて夜に噛まれるのでは、そんなことを思いました。

もやしとあゆみの"ほんのりライン切り"というか意見を割っていて、ここの二人は振り返ってみると本当に上手だったんだと思います。というか最大トーナメントはほんのりライン切りが流行っているのでしょうか。笑。

二戦目で何気に鋭かったのはズズだったような気がします。あゆみは自分より後ろに狼がいるという誤誘導をかけたのですがズズはそこに違和感を感じ取って前に狼がいるんじゃないかと主張して、そしてその主張は結果的に的を射ていたわけです。ただやっぱりあゆみの議論誘導が上手くて白率の高いてらちんや鳴海が議論を引っ張れなかったのが少し残念だったきがしました。

思えば騎士を処刑してしまったのが村側は痛かったのではないでしょうか。騎士が占い師で護衛成功して一人でも多く占い結果が残せていれば違ったまた展開になっていたのかもしれないなと思いました。占い師を噛まれたのが痛かった。

 

会話型心理ゲーム 人狼DX

会話型心理ゲーム 人狼DX

 

ゲームとは関係ないのですが、みずきちがとてもハキハキ話していてなんだか微笑ましかったです。笑。スリアロ村でのベイビーウルフでの人狼では遠慮しているのかな。

将来あゆみVSみずきち、そんな戦いを見ることができるかも知れないと思いました。

今回はあゆみの無双っぷりが光った戦いだった、そんな気がしました。 

スリアロ33時間生放送内の人狼についての感想

スリアロという麻雀番組があるのですが僕は全く麻雀を知りません。笑。

しかしスリアロの方々人狼番組をやっていていつも見ています。今回スリアロの麻雀番組の方で33時間放送をするとのこと。そしてそのなかで人狼を三戦するとのことでタイムシフトで視聴しました。そのときの感想を記したいと思います。

今回の人狼は特別なゲストを呼ぶではなく麻雀プレイヤーのレジェンドと呼ばれる鈴木さん多井さん石橋さんが参加されての人狼となりました。

 

一戦目はなんといってもケルヴィンさんでしょう。笑。

ゲームが始まって一日目の議論時間でのケルヴィンさんの動きが上手いと見ていて思いました。武中進さんが初日の処刑対象に選ばれてそこから霊媒師のカミングアウトをしますがこの動きが狼の動きに見えたのでしょうか、占い師として騙りそこにお告げ先の白を打ちます。武中進さんは狼だったわけですがケルヴィンさんの狂人が狼陣営には透けて狼陣営に有利に進みます。また本物の占い師である武中真さんがケルヴィンさんをお告げ先の白と告げます。

霊媒師は狼の武中進さん、それに対抗して本物の多井さん。占い師は狼の霊媒師に偽のお告げ先の白を出した狂人のケルヴィンさん、そしてその対抗は狂人のケルヴィンさんをお告げ先の白と知る武中真さんです。

さてだれから処刑するのが良いのでしょうか。武中真さんが武中進さんを処刑して欲しいと村人に訴えます。なぜなら処刑した結果多井さんの霊媒判定が黒ならケルヴィンさんが破綻します。逆に白であるなら武中真さん自身が破綻します。どちらにしても村にとって有益でしょうという主張です。この主張一見筋が通っているように見えます。事実武中進さんに票が集まりました。しかしここから狼陣営の巻き返しがきます。

狼である谷さんは「武中真さんの主張は多井さんが本物であることが前提の主張になっている。おかしい」といって武中真さんに投票します。じつはこの主張も成り立ちます。武中真さんと多井さんが狼陣営で結託している可能性、または占い師の武中真さんが本物であっても霊媒師の多井さんが偽者の可能性もあります。そしてその訴えに村人である五反地さんも同調します。結果的に谷さんの主張は通らず狼の武中進さんが処刑されます。しかし谷さんの主張は効果的で多井さんの信用度を下げることに成功しました。

二日目、騎士の護衛が成功します。可能性として一人の霊媒師の多井さんに護衛が入ったと考え、多井さんが「自分が守られた。騎士の人は名乗り出て欲しい」みたいなことを話します。つまり自分が真の霊媒師で狼に狙われたのだと。このとき実は騎士の護衛は大浜さんで成功していたわけなのですが、騎士の石橋さんはここでボロを出さないところが上手だと思いました。狼としては騎士を探しています。ここで「自分は大浜さんを守ったよ」なんてこと言ってしまうと狼として願ったり叶ったりです。奇数の人数の村では騎士は二回護衛しなくては処刑回数は増えません。もう一度護衛成功を狙うためにも出ない方が得策です。

狼陣営は多井さんを処刑することによって、また一日目、二日目での議論で村全体の狩野さんに対する信用度が下がっていることによって黒を打ちやすくなり、とても有利に試合が進んでいきます。

・・・が、しかし結果は村人陣営が勝利します。笑。

なにがあったのでしょうか。ヒントは、"ケルった"です。笑。

ケルヴィンさんが愕然としていました。狼陣営が上手く試合をコントロールしていたのに。

 

二試合目のポイントは命(みこと)さんの動きだと思います。

試合の流れは初日に占い師が三人カミングアウトします。そして二日目に騎士の護衛が成功。この時狂人の新井さんは狼を見つけたと偽り黒出しをしています。もし新井さんで護衛が決まっていれば騎士が出ることによって新井さんの信用度が上がり、黒出しされた村人は狼だろうということになります。この時騎士の石橋さん(二戦とも騎士で護衛成功はすごい)は別の村人、鈴木さんで護衛が成功して本来であれば出る必要はありません。しかしここで狼である命さんが騎士を騙り新井さんを護衛したと話します。このまま命さんが騎士ということになれば新井さんの信用度が上がってしまいます。また命さんも騎士であろうということになり狼有利の展開になります。そこでつり出された格好になってしまいますが石橋さんが真の騎士としてカミングアウトします。

この命さんの騎士COは狼に有利に働いたのではないでしょうか。上手く騎士をあぶりだすことに成功しました。僕はここがポイントだっと思います。

 

三戦目のポイントは占い師の信用度だと思いました。

ネタバレになりますが初日の夜に占い師が噛まれていなくなってしまいます。そして二日目の議論で二人の占い師が偽者としカミングアウトします。村人陣営はこの占い師がなんとなく偽者だろうと推理するのですが処刑することができません。やはり初日に占い師が抜かれると厳しいですね。

しかしそんななかでも命さんが本物の占い師だったんじゃないのかという推理をしかもちゃんとした理由をもって推理するところがさすがスリアロの人たちだなと思いました。特に古屋さんが自分が白先だったんじゃないかといった点も含めて命さんの真占い師の可能性を追っていました。そこがすごいなと見ていて思いました。

 

会話型心理ゲーム 人狼DX

会話型心理ゲーム 人狼DX

 

 

 今回真の役職が抜かれるという回が二回ありました。こうなると狼陣営がたとえ初日に狼が処刑されたとしても有利に試合を展開することができますね。なので狼は初日の噛み先は役職者を抜きたいですし役職者は潜伏するのであれば、狼にばれないように潜伏したいものです。そこの駆け引きがやはり自分がゲームに参加していても楽しいですし、外から見ていても楽しいですよね。

 

話は変わりますが20日の人狼最大トーナメントになんとスリアロのベイビーウルフからみずきちこと大條瑞希さん、まいまいこと河村舞さん、そしてあゆみこと・・・あゆみさんが登場します。そしてもやしこと芝尾さんも初登場。これは楽しみです。

そして午後の部にははなうささんも登場。はなうさ対古川の対決、そしてイトシンさん、村中さんも登場。こちらも期待です。

 

でわでわ。

【将棋棋士軍団!】スリアロ村 第五十七幕の感想

将棋の女流棋士人狼プレイヤーとしてメキメキ頭角を現してきている山口恵梨子さん。通称えりりんがスリアロ村に参戦。スリアロでどんなプレイをするのか楽しみに見ました。それにしても山口さんは美人です。綺麗。

 

一戦目は占いの信用差がポイントになりました。

初日の吊り候補を何人かに絞って、議論時間が終わりそうになるとき釣り候補となっていた田原さんが占い師をカミングアウト。そして少し時間がたって議論時間が終了します。そしてパラパラと投票が行なわれた後、古屋さんが占い師をカミングアウト。それを見て芝尾さんがすかさず占い師をカミングアウトします。

この芝尾さんの占い師のカミングアウトのタイミングが抜群に良くて村人の信用を勝ち取ります。もともと終始、村の議論をリードして村人陣営としての信用を得ていたということもあると思います。芝尾さんは真の占い師で、古屋さんが狂人で田原さんが狼。村人陣営はその信用差から完璧に内訳を見破ります。芝尾さんのお告げ先であるケルヴィンさんがものすごく村人っぽかったというのもあるかもしれません。しかしスリアロ村でここまで占い師の内訳が透けることなんてそうそう起こることではありません。みなさん歴戦のつわものです。そんなこともあって村人陣営が有利にゲームを展開するのかと思われました。

しかし、ここから狼陣営の巻き返し始まります。

占い師の信用を少しずつ削いでいく作戦にでます。そして最後の狼が谷翼さん。この谷翼さんのラストウルフは本当に手強くて上手に潜伏します。そして結局終盤までもつれた展開になりました。

 

二戦目のポイント。これは個人的な視点になっちゃうのですが山口さんの推理が何気に鋭かったような気がします。

ネタバレですが狂人の田原さんを「前回とプレイスタイルを変えてきている人狼なのではないか」だとか、「もやしさん(芝尾さん)を疑います」だとか、かなり早い段階で人狼陣営を疑っていました。その主張が強く通ることは無かったのですが後から見返すとなかなか鋭かった。上手く議論すれば面白いゲーム展開になったと思いました。

最後のパワープレイは狂人側から見るとだれが狼か確たるものがもてません。だから少し変な感じになってしまいました。しかし慎重にプレイすればああなってしまうのも必然なのかもと納得。

あと柚木さんの遺言も面白かったです。笑。

 

三戦目もこれまた占い師の真贋がポイントになったのではないでしょうか。

占い師が三人カミングアウトするのですが三人目の山口さんがとても真の占い師に見えました。そしてカミングアウするときの無邪気に飛び跳ねる様子。笑。

しかしそのようなメタ的な推理を展開しないところがスリアロ村はすごいなと思います。まあ当たり前なのかもしれませんが。山口さんだって演技をしている可能性もありますからね。

占い師の推理や占い師の占い先から推理を展開してその結果たとえ間違った方向に推理が向かったとしてもそれはそれで良いのだと思いました。だって人狼ってそういうゲームなのだから。ゲームは白熱した展開になりました。

最後、村中さんが熱かったです。

徹底解明! 先手中飛車の最重要テーマ21 (マイナビ将棋BOOKS)

徹底解明! 先手中飛車の最重要テーマ21 (マイナビ将棋BOOKS)

 

 個人的に将棋棋士伊藤真吾さんが面白くて大好きです。笑。

あのとぼけた表情とか。最高です。

将棋棋士人狼の方々にはまた参戦して欲しいです。まだまだ見てみた人もいますし。貞升さんのアルティメットルールでのプレイも見たいですし、人狼最大トーナメントで活躍された金井さんだとか、あとなんといっても山口さんが少し話されていた室谷さんも見たいです。女流棋士軍団とかも面白いですよね。香川vs山口vs室谷というのも見てみたいです。

 

最後に今回のスリアロ村や以前放送された関西フレッシュ村を見て運営力って本当に大切なんだなって思った。

開始に間に合うように画面の前に急いできてそこから30分待つとかやっぱりストレスだし突然画面が黒くなったり、天国ルームから村の議論に切り替わるときに音声が全く聞き取れず議論のみがたんたんと進んでいくとか、それもまたストレスになる。運営大変だと思うけど改善して欲しいと思いました。チャンネルのコスパはめちゃくちゃ良いので。そういったちょっとした細かいところが残念です。

 

次回は結チャンネルの方々がゲストに参戦のようです。

また次回も楽しみなのですが、出演される方々が内輪ネタに走らないか少し心配。内輪ネタ話されてもこちらはついていけないということが多いのでやめて欲しいと思いました。

いずれにしても楽しみです。

あとベイビーウルフもあります。イベントがあるようですがだれかゲストで参戦されるのでしょうか。楽しみです。

 

でわでわ。

スリアロ村:第五十六幕【堀井雄二参戦】【スクエニ軍団参戦!】を見ての感想 

スリアロ村VSスクエニ軍団を見ましたが、いやぁレベルが高い。見ていて僕のようなへっぽこでは全く推理が追いつかない。そんなハイレベルな戦いだったのではと思います。

そして瑞原さんがとても強かった。それはなんとなくわかりました。笑。

それでは僕なりに振り返ってみたいと思います。

 

まず一戦目ですが、一戦目のハイライトは瑞原さんVSみねおさんだったと思います。

まず江原さんが提案します。その作戦はドラクエの好きなナンバリングを言っていくというものでそして人狼陣営は嘘をついてくださいというものでした。参加者が好きなドラクエのナンバリングを言っていく中、瑞原さんのみがドラクエをやったことが無いと話しました。それはいいのですが、その点をみねおさんが推理のとっかかりとして狼陣営をバシバシ推理してそして正解していきます。しかしそこは狼も負けじとその推理に真っ向からぶつかるのではなくミスリードしている村人陣営を取り込みつつ本物の占い師を処刑して更にみねおさんを処刑する。巧妙でした。そして狼陣営の人狼である瑞原さんは疑われながらも上手にかわしていきます。見ていて熱かったです。さらに狼同士は仲間であることを悟られないように味方同士別方向へ推理を展開していき最終的には勝利する。少し狼陣営に余裕がありましたね。本当に狼陣営が強かったです。

あとBOSSさんが霊媒師で出てくるタイミングがどうだったのか少し判断が難しいと思います。正しいという人もいれば間違っているという人もいるような気がします。

しかし・・・・。笑。

はなうささんがBOSSさんを護衛すべきだったのはさすがにへっぽこの僕でもわかるし、ちゃんと護衛が決まっていれば状況整理が一気に進み狼陣営が追い込まれていたと思います。そう思うとBOSSさんの霊媒師COのタイミングは悪くなかったのかもしれません。しかしあの場にいると間違ってしまうのですかね・・・。護衛・・・。笑。

 

二戦目の僕的なポイントは騎士COによる狼陣営への村人陣営の追い詰めだったのではないでしょうか。

これってたぶん僕のように人狼が上手ではない人から見た目線であって、人狼がとても上手な人からするともっと別なところにポイントがあるという意見があるきがしますが僕個人的にはそこだった気がします。

そしてその騎士というのは何を隠そう瑞原さんだったんですね。笑。

うーん、瑞原さんは村人陣営でも狼陣営でも強い。瑞原さんは最後の最後で騎士をCOして人狼を追い詰めました。あと堀井さんとよーすぴさんが白要素がしっかりしているというのも大きかったような気がします。騎士COってタイミングが難しいですよね。僕も迷ったりして結局COせずに終わるという経験を多くしてきました。瑞原さんは本当にすごいです。

五反地さんの立ち回りは難しかったですね。今答えを知るとそう思いました。

 

三戦目の僕的ポイントは占い師の真贋だったのではないでしょうか。

これはよくほかの人狼動画でもポイントになるのですが今回もそこがポイントになった気がします。麻矢さんのCOの仕方は別に不自然だとは思わなかったですし、コメントもいつもは麻矢さんに厳しいのに麻矢さんを真の占い師として見ていた様で見ている人はわりと麻矢さんを信じていたようでした。ゲームの中で麻矢さんの真占い説をあまり追っかけられていなかった村陣営は苦しかったのではないでしょうか。

唯一大浜さんが麻矢さんの真占い師説を追っていてそしてそこから危機感を感じていたようでした。大浜さんすごいなと思いました。

あとぬのこさんの潜伏力も地味にすごいなって思いました。

狼陣営の勝利。そしてその狼陣営のなかに瑞原さんが・・・。

瑞原さんは最初から村人のように見られていたようでやはり強いと思いました。

会話型心理ゲーム 人狼DX

会話型心理ゲーム 人狼DX

 

 スクエニの方々は本当に強い。強いし議論がしっかりしていて、ああいう感じのプレイヤーになれたらなぁ、なんて思います。

あとはなうささんのやらかしも本当に面白かったです。笑。

そしてなんといっても瑞原さん。瑞原さんは村人陣営でも狼陣営でも強いので本当に強いのだと思います。周りの人が忖度して噛まないとか吊らないといった様子も見られないのでそういった点もなおのこと強いなあと思いました。

 

次回は8月6日に将棋棋士がスリアロ村にやってきます。すごい。

とても楽しみです。

はえりりんこと山口恵梨子さんを最近注目のしていますのでどんな戦いをするのかそこが楽しみです。あと久々に伊藤真吾さんも登場です。伊藤さんは見ている人をとても楽しませていただけるので本当にエンターテイナーだなって思います。ベイビーウルフの三上さんが個人的に伊藤さんポジジョンのような気もするので伊藤さんをロールモデルにしてみると面白いんじゃないのかなって思います。

僕は香川さんの大ファンなのでいつか香川さんVS山口さんを実現して欲しいし、あとは貞升さんや星合さんなどたくさんスリアロ村にやってきて欲しいです。

あしたケルごたというケルヴィンさんと五反地さんのトーク番組があるのでそこでコメントに書き込んでみようと思います。もしそこで貞升さんや星合さんの名前が出てきたらそれはたぶん僕です。笑。

 暑い日が続きますね。

でわでわ。

 

ベイビーウルフ【10限目】【イシイジロウさんが参戦】の感想

今回ベイビーウルフの人狼にゲストとしてイシイジロウさんが参戦。

イシイさんは人狼での強プレイヤーであることはもちろんだがクリエイターとしてもとても活躍されている方でどんな人狼になるのか楽しみにして見ました。

 

今回は全部で二戦。

一戦目の僕的ポイントはやっぱりイシイさん対橋本さんだったと思います。人狼の強プレイヤーであるイシイさんに橋本さんがどう立ち向かっていくか。そしてネタバレになるのだがここにあゆみさんも実は人狼でそこにどう橋本さんが挑んでいくのか、そこが見ていて面白かったです。

結果から話すと終始橋本さんが苦しかった。だけど一生懸命に立ち向かっていく姿がすごく見ていて"いいなあ"なんて思っていました。橋本さんは戦いながらどう思っていたんだろう、って気になります。いやあ、でも苦しかった。イシイさんに議論を上手くリードされた感じがありました。

大條さんが霊媒師で一匹の狼が吊れていると言って、それが理由で処刑されたのがすごくもったいなかった。あそこで上手く吊りを回避できれば村陣営は有利になったのでは、って思いました。あそで吊りを回避することってとても難しいかもしれないけどスリアロの武中進さんがよく霊媒師で吊りを逃れるためのパッションを出すときがあって、あんな感じに出せればよいのでは、と思いました。結局吊られちゃうんですけどね、武中進さん。笑。

あと月乃さんの推理が見違えるように良くなっていてびっくり。後半息切れした感じはあったけどよかった。ちゃんと自分の言葉で話していた気がしたし。

 

二戦目のポイントは三人出た占い師の真贋だったのではないでしょうか。

竹本さんが最初の占い師でカミングアウトをしてそこへ芝尾さんが「もう一人の占い師がいるなら出て欲しい」といった旨の発言をします。そこで鈴木さんが出て、そして最後に芝尾さんが占い師のカミングアウトをする。結果から言うと芝尾さんが実は狼で芝尾さんは本物の占い師をあぶり出したわけですね。そして三人目の占い師ということで本物の占い師として信用される・・・。ひとめ鈴木さんが真の占い師かなと、少しメタが入るけど思いました。まあ裏切り者ということもあったかもしれませんが狼で占い師を騙るようには見えないし・・・。そして最初に芝尾さんに票が入っていたけど途中から鈴木さんに票が集まりだします。そこもなんだか不自然でした。

占い師二人が吊られて最後に芝尾さんが吊られた後、狼が二匹いて二匹の狼が追い詰められていきます。そこで狼はもう少し積極的に議論に参加してもよかったのではと思いました。少なくともどちらか一方の狼は参加しても良かったのでは。あと騎士をCOするタイミングもあった気がします。騎士のCOをする準備をしておいて、信用されれば狼側がかなり有利になったのではないでしょうか。そんな気がしました。

 

会話型心理ゲーム 人狼DX

会話型心理ゲーム 人狼DX

 

 今回のベイビーウルフは前回の児玉さんがゲストに参戦したときよりも全体的にレベルアップしている感じがすごくした。橋本さんもよかったし、月乃さんもよかった。ただ、まだ議論に参加できていていない人との差があるように感じたので次に期待。

最後のイシイさんから人狼についての話をされていたんだけど、この話って個人的にお涙頂戴っていう話ではなくて物語がどうすれば面白くなるのか、どうすればゲームが面白くなるのかそういった話のように思いました。

なるほどと感心しきりでした。

 

次回はスリアロ村にスクエア・エニックス軍団が参戦。

すごく楽しみです。

あと瑞原さんも。

 

でわでわ。 

文豪とアルケミスト オフィシャルキャラクターブック

文豪とアルケミスト オフィシャルキャラクターブック

 

 

人狼をしに大阪に行きました。

先日久々に友人との集まり人狼会を行うということで大阪に向かいました。

いやあ人狼を実際にやるのは久々なので失敗もありましたが本当に楽しかったです。

 

と、その前に時間があったのでラーメンを食べようと思いお店を探しました。今はぐるナビとgooglemap様がありますので無敵ですね。お店を探すのに全く苦労しない。そして今回向かったお店は「はなみち」というお店でした。おいしかったです。

f:id:masakazu0629:20170728123507j:image

f:id:masakazu0629:20170728123522j:image

f:id:masakazu0629:20170728123532j:image

f:id:masakazu0629:20170728123609j:image

自分のラーメンに対する持論は駅より離れたところにおいしい店があるというもの。

要は駅の中だと場所代が値段にのっかるからコスパが悪いよね、というものです。

豚骨醤油ラーメンでした。

ただ若干みずっぽかったような気がしました。その点は残念。

 

そしてラーメンを食べて運動がてら新大阪から梅田に行こうとして変な堤防にぶつかりそこを歩いて川を渡ろうと思ったのですが、無理でした。

汗をだあだあと流しながら堤防を上ったり下りたりしていました。

いったい一人で何をしているのだか。笑。 f:id:masakazu0629:20170728124247j:image

 

人狼は勝ったり負けたりでした。

真の預言者や人狼で預言者を騙るときどうやってカミングアウトするのか考えなくてはいけないと個人的に思いました。なんとなくカミングアウトして信じてもらえるのはいいのですがそれって結局のところ"なんとなく"であって、なんの根拠も無いわけですからね。どうすればよかったのか反省です。

実践でやるのは難しいですね。

 

でわでわ。

 

会話型心理ゲーム 人狼DX

会話型心理ゲーム 人狼DX

 

 

 

人狼最大トーナメントseason3#6の感想

今回も人狼最大トーナメント面白かった。

個人的には星合さんがMVPかなって思ったのだけど、でもそれって三戦目のみの印象であって全体を通して見るとやはり古川さんが妥当かなと思った。周りのプレイヤーのレベルも高くて古川さんが処刑されるのを見て「すごいな」と感心しきりで今回は古川さんのMVPは無いかななんて思っていた。ベイビーウルフの二人も気後れすることなくしっかり戦っていたと思う。

 

一戦目のポイントは茉莉さんの動きとはなうささんと古川さんの戦いだと思う。

茉莉さんが狂人を引いたときその後どんな動きをするのだろうかと注目していた。最初にオオヌキさんが霊媒師COしてその後茉莉さんがCO、そしてオオヌキさんが霊媒師を撤回してその後にこくじんさんが霊媒師COを行なう。この展開を見ていち早く茉莉さんの狂人を見抜いたのが古川さんだった。すごい。最速だった。こういうとき茉莉さんの発言だとか動きってちょっと言葉が悪いかも知れないけどあまり人狼の経験の無い素人っぽく見えて、それが逆に真の役職に見られることが往々にしてある。しかし古川さんはしっかり理論を持って真っ先に茉莉さんの狂人と訴えた。

その後更に古川さんは狼二人を最速で見つけ出し指摘する。はなうささんとハイブリさんだと。

茉莉さんはたぶん狂人を引いたらどういうプレーをするのかシュミレーションしていたのじゃないのかなと推測。大浜さんのブログを少し見たことがあるのだがそこには狂人の霊媒師はずっと"白をだしなさい"といった旨のことが書かれていたように思う。そして結果を白出し続けた。投票も相手の霊媒師に投票することでご主人様を処刑したくない狂人に見える。最後のこくじんさんの結果騙りに若干混乱させられた感じもするけど頑張ってこくじんさんに投票して無事狼陣営の勝利に貢献。この茉莉さんの一連の行動は狂人としてはベターな行動で狼陣営は助けられたのではないだろうか。はなうささんも早い段階で見抜いていた感じはするし。

他方はなうささんと古川さんの戦いが見ていて熱かった。

最速で狼陣営を見抜いてくる古川さん。そこへはなうささんが古川さんを吊りに誘導する。古川さんはちょっとやそっとでは吊られるような人間ではないので、はなうささんの議論誘導がものすごく上手かったとすごく感じた。繰り返すが古川さんはちょっとやそっとでは吊られるような人間ではないのだ。でもあのメンバーの中で古川さんを吊ることができるのははなうささんだけしかいないように思う。果敢に攻めにいったはなうささんは本当にすごいと思った。そして古川さんを処刑したとき勝負は半分ついたように思えた。あそこがターニングポイントだったと思う。

 

二戦目のポイントは味方をつくるオオヌキさんの動きにあったように思う。

オオヌキさんは誰かを黒塗りするのではなくどんどん味方を増やしていく作戦が非常にうまくはまっていたと思う。それは概ね村の総意として"蛇足さん怪しいよね"という雰囲気になっていて、無理に誰かを黒塗りする必要がなかったというのもあったかもしれない。しかし終始焦らず味方をじっくり作りそしてミケさんを味方にしたときに勝負がついたように思う。ミケさんのロックが外れそうで外れなかったのが残念。

あと高田さんが本当に面白くて終始画面の前で笑っていた。最高でした。笑。

 

三戦目は蛇足さんのサイコキラーと、なんといっても星合さんの潜伏。そして古川さんの動きがすごかった。

蛇足さんは占い師に占われて占い師が殺され、その後にサイコキラーCOがうまかった。変に次の手柄を狙わずにCOすることによって狼を助ける動きをしたように思えた。しかもその処刑されに行く動きが上手くて僕も見ていて「サイコキラー処刑だよな」なんて思っていた。ただそこに異を唱えたのがこくじんさんで狼を探す行為がサイコキラーを処刑したくない狼のように見えて、そしてそこを古川さんが利用したかたちになったのだと思う。こくじんさんに上手く同調しつつ自分を疑ってくるこくじんさんとあたかも身内切りをするかのようにやりあう。絶妙なバランスだと思った。あれって見ていて絶対にお互いに身内切りしているようにしか見えないよね。本当にすごい。それを星合さんが上手く察してまっくすさんに「あれって身内を切りあってるよね」と話す。いやあ狼陣営めちゃくちゃうまかった。三戦目は本当に見ごたえがあった。すごい。星合さんも全く疑われること無く潜っていたし、古川さんがヘイトを一手に引き受けていたというのもあったと思うけどそれにしてもすごいと思った。

 

全体を通してハイレベルな戦いになっていたと思うし、ちゃんと古川さんを処刑するとかすごいなと思った。古川さんの動きも一戦目からキレキレで物凄かった。あと三戦目の偽装身内切りも。笑。

会話型心理ゲーム 人狼DX

会話型心理ゲーム 人狼DX

 

 次回の放送は8月にスペシャルめいたことをやるみたいで楽しみ。だれがゲストに呼ばれるのか。個人的には犬山さんを久々に見てみたいのだがもうあんまり人狼やってないのかな。そんな気もする。

あとベイビーウルフが次回イシイジロウさんをゲストに迎えるようなのでこちらも楽しみである。みけさんが休まれるみたいでだれか代わりにゲストが呼ばれるのかな。

 

でわでわ。